守破離

その他
06 /06 2018
 守破離、という言葉があります。これは茶道や武道における師弟関係を表した言葉で、師匠の教えを「守る」、師匠の教えを「破る」、師匠の教えを「離れる」という言葉の頭文字を取って「守破離」となっています。そしてこれは、茶道や武道に限った話ではなく、学校や学習塾、さらには家庭においても同じことが言えると考えています。

 この守破離において最も大事なことは、「型」にはめることです。型と言っても、その集団であったり文化における型、つまりルールと言った方が良いでしょうか。例えば、空手ではまず道場に対して礼をするところから始まり、そして道場に対して礼をするところで終わります。どうしてそこまで礼を重んじるのでしょうか?

 空手において、相手だけでなく道場(あるいは空間)に対して礼をするのは、道場はジムとは異なり体を鍛える場所というだけではなく、技を通して自身の内面、つまり心や精神を鍛える場所であり、これから自分を磨く場所に対して謙虚さと感謝の心を忘れないためです。また、礼をすることでそのことを再確認し、気持ちを切り替えるためでもあります。

 と、子ども相手に言ったところで分かりません。実際、私が子どもの頃は一刻も早く体を動かしたくて仕方がありませんでした。ですが、分からないからと言ってやらせないままで居ると、大人になってもそうした心構えや考え方は身につきません。形が先で意味が後なのです。だから武道には型というものが存在するのです。

 本題に戻ります。学業においても同様の事が言えます。

 「解いたらすぐに丸付けをしろ」「小まめに丸付けをしろ」「インプットしたら必ずアウトプットしろ」「ノートは大きく書け」「途中式を省くな」「英語は音から覚えろ」などなど・・・様々な小言を生徒に言い続けています。どうして?なぜそんな面倒なことを?と思うかもしれません。というよりは思っているでしょう。

 しかし、型が先なのです。理屈が理解できるようになるには経験が必要です。言葉を聞いてすんなり理解でき、実行できるのであれば苦労しません。型を守ってこそ初めて型を破り、型を離れることが出来るのです。いきなりオリジナルの勉強を始めるのは止めましょう。

logo.png
ご不明な点、気になる点がございましたらお気軽にお電話ください。
℡ 052 - 799 - 8237

コメント

非公開コメント

名古屋松陰塾ナゴヤドーム南校

【自習席完備】【通い放題】
【自立学習指導】

の、完全個別指導の学習塾です。
ロボット教室も開講しております。

★対象中学校★
【矢田中学】【振甫中学】【桜丘中学】【若水中学】【千種台中学】【愛教大付属中学】【私立愛知中学】【南山中学】【東海中学】



★抜粋記事★
50分授業は長い?短い?







電話番号
052-799-8237

メールアドレス
showin.sasaki@gmail.com

→Homepage
→Twitter
→Facebook
更新停止中